SEO対策 アフィリエイト戦略

ロングテールSEOが見込み客をつれてくる

 

見込み客を確実にGetするためのロングテールSEO

 

アフィリエイトで安定して稼いでいくには、ロングテールSEOは絶対外せない。なんか面倒くさそうなSEO対策だな...と思うかもしれないが、意識するのとしないのでは、コンバージョン率にもおおきく影響してくる。

 

なぜならロングテールSEOが、コンバージョンにつながる見込み客を連れてくるからだ。なので、稼ぎ続けるためにもロングテールSEOを、確実に自分のものにしてほしい。

 

Q ... そもそも

ロングテールSEOとはどんな対策なの?

A ... ロングテールSEOとは

検索エンジンなどを使い、複数のキーワードを使って検索するユーザーの思惑を推測し、悩みや問題などを解決するためのコンテンツ内に内部SEOを施して、サイトやブログなどを作りターゲットのしぼれた見込み客を集客する戦略のことを、ロングテールSEOという。

つまり、競合の少ない複数のキーワードを使い、各キーワードごとに検索ユーザーに役に立つコンテンツを作っていくSEO対策です。

 

 

複合キーワード使いターゲットを絞ったコンテンツを増やし、検索ユーザの8割を複合キーワード(ロングテールキーワード)で呼び込めば、コンバージョンにつながる見込み客を集客できる。(その内の2割はビッグキーワード)

 

検索ユーザが使うキーワードと一致するコンテンツを多くしていくと、検索エンジンからの集客はロングテール化していく。

 

アフィリエイトと2:8の法則が売上を安定させる

 

「2:8の法則」と検索エンジンを使って検索すると、パレートの法則と結果表示されるだろう。2:8の法則は、イギリスの経済学者ヴィルフレド・パレートによって提唱された。

 

どのような法則かと言うと、例えばリアル店舗で言えば全体の20%の優良な顧客が売上の80%をあげている状態のことを言う。

 

つまり売上を維持していくにあたり全ての顧客を平等に扱うのではなく、20%の優良な顧客をしっかりつかみ差別化すれば80%の売上を維持できると言うこと。

 

この法則は幅広く用いられ、「マーケティング・売上の管理・品質の管理・在庫の管理」これ以外にも社会現象から自然現象のもあてはまると言われています。

 

マーケティングなら...

全ての商品の中で トップの20% が、80%の売上をあげている

 

品質の管理なら...

10ある品質向上リストのうち 上位の2つ を改善すれば、80%の効果がある

 

このような感じです...

 

しかし、この2:8の法則をアフィリエイトに利用するなら、逆の発想が必要となります。先ほど話したリアル店舗の場合、新商品をメインにお客様の目に入る位置に陳列し、型落ちや売れていない商品は目立たない場所に追いやってしまう。

 

これをアフィリエイトに例えると、新しい商品ばかりを扱っていてもそれには限界があります。さらに見込み客ではないビッグキーワードで集客したところで、売上には結びつかない。ではどうすればよい?

 

あなたもあると思う。新商品より少し前のタイプが欲しくなるということが...

 

面白いことに、ネット上では新商品より型落ちや売れ残った商品が80%の売上を持ってくると言われています。そして、新商品でも型落ちや売れ残った商品をコンバージョンにつなげるにはビッグキーワードの20%より、80%のロングテールキーワードの方が圧倒的に高いコンバージョン率が出ます。

 

つまり、見込み客80%を集客するには、ロングテールキーワードを 使いこなし探し続ける ことで、コンバージョン率も上がって行く。

 

もうお分かりでしょうが、キーワードツールなどを有効利用し見込み客を誘い込むためのロングテールキーワードを、アフィリエイトサイトやブログに埋め込んでいくことで、見込み客を多く集客できるわけです。

 

サクッと2つのことをお伝えしましたが、これはとても重要で絶対に欠かすことができないポイントとなります。SEO対策とは、1つや2つの少ないキーワードで集客するものではなく、サイト内に多くのページを作り、そのページをフルに使って複合キーワードでSEOすることで強いサイトになっていくものです。

 

あなたのサイトが150ページあるとするなら、150のキーワードで全てのページをSEO対策しすることをオススメします。150ページのSEO対策がうまく育てば、安定した集客と収入を得ることが可能になっていきます。

 

ロングテールSEOとカタマリ理論

 

ロングテールSEOの方法としては、複数のキーワードで集客しやすいコンテンツを作っていきます。1つのページごとに、異なるキーワードで最適化を行い集客を狙うため、ページ数を多く作る必要があります。

 

ですが、ただページを量産すればSEOに有利というわけではありません。検索エンジンからの上位表示及び集客というSEO対策を行うのであれば、ページごとに質の高いコンテンツを作る必要があります。

 

各ページごとに、意識してロングテールキーワードを埋め込むことで...

 

 各ページごとにアクセスを 集める ことができるので

  •  サイトが 順位変動の影響 を受けにくい
  • 競合の少ないキーワード選定をすることで 上位表示 を狙える
  • 絞り込まれたキーワードなので ユーザーの購買 につながる可能性が高い

 

ロングテールSEOには、このようなメリットがあるのでアフィリエイトサイトなどでは、購買意欲の高い見込み客を確実に集客できるようになる。

 

もしあなたが今からサイトを立ち上げるとして、そんな小さなサイトが安定して上位表示を狙えるわけがないと、思っていないだろうか... その心配は全くない。

 

Googleの検索エンジン品質チームリーダー Matt Cutts氏 はこのように言っている

「大きくて動作の遅いサイトよりも、スピーディーに素早く対応してアイデアを多く出しているスマートなサイトは一般的にもあり、そのようなサイトはGoogleの検索結果でも上位表示されています。」

「これからしても、質の高いコンテンツを持つサイトであれば、大きなサイトに劣ることはない。なぜなら最初は小さくても、今は大きくなっているサイトもありますよね?」

 

立ち上げたばかりのあなたの小さなサイトが、ブランドの力もある有名なサイトと競い合うにはそれなりの労力は必要となるが、必ずしもそのようなサイトに負けるわけではない。

 

範囲を絞った話題でアクセスを集め、コンテンツをコツコツと作り続けることで、徐々に大きく質の高いサイトへと育っていきます。

 

誰しも最初は、少人数でサイトを立ち上げるものです。もしあなたがサイトを一人で運営していこうと思うのなら、始めから巨大なサイトと競い合うことは難しいと肝に銘じる必要があります。

 

最初はテーマがニッチ、つまり隙間的な小さな特定の範囲でサイトを運営していきます。そしてそのサイトがうまく機能するまで、コンテンツを増やしながら大きく育てていきます。

 

つまり最初は小さなカタマリだけど、それを少しずつ膨らませて信用を勝ち取り評判の良いサイトに育て、さらにどんどん膨らませていく、それが 「カタマリ理論」 というわけです。

 

小さくても専門的なことから始めることで、関連する分野が広がっていき道筋もできていきます。その知識をたくわえ大きくしていくことで、その分野の専門家としてユーザーから認められるようになるでしょう。

 

-SEO対策, アフィリエイト戦略
-, , ,

error: Content is protected !!

© 2022 アフィリエイトで稼ぐ秘訣とマインド! Powered by AFFINGER5